スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちあきなおみ  part2

興味がある人もない人もいるでしょうが。

私のおすすめのちなきなおみの曲を紹介します。

たぶんあなたもちあきなおみの世界にどっぷりつかることでしょう。(笑)




まずは、喝采です。言わずと知れたちあきなおみの代表作です。

カラオケで歌おうとしたんですが、うまく歌えません。

聞くと歌うは大違いという曲です。


喝采


続いては、黄昏のビギンです。CMとかで使われた曲ですので、聞けば分かると思います。

ライブですので、彼女の歌のうまさがわかると思います。


黄昏のビギン




続いては、フョーク歌手の友川かずきが作った「夜へ急ぐ人」です。

最初の静かな感じから後半への盛り上がり凄いです


夜へ急ぐ人



最後に「朝日の当たる家」です。

これは、原曲が、洋楽のヒット曲なので知ってる方も多いと思いますが、

迫力が違います。すざましいの一言です。


朝日の当たる家


少しはちあきなおみの良さが伝わりましたか。(笑)
スポンサーサイト

ちあきなおみ

今日は久々、音楽の話です。



皆さんは、ちあきなおみという歌手を知ってますか?

昔、「喝采」とか「四つのお願い」のヒット曲がある歌手です。

80年代には、「タンスにゴン」等のCMでも有名でした。

彼女は、1992年に夫の死をきっかけに引退をしたんですが、

今になっても根強いファンがいます。



私も最近あるきっかけで聞き始めたのですが、

彼女の歌のうまさは、半端じゃなくうまいです。

また、フォークソング、ジャズ、洋楽のカバー等今あらためて

レパートリーの広さ、歌唱力に感心しています。


ちあきなおみのさとうきび畑です。森山良子のバージョンとは違う味わいがあります。

下をクリックしてみてください。
さとうきび畑

新宿

私は、高校を卒業すると、東京の大学に進学し

小田急線沿いの経堂駅から歩いて20分位の所に住んでいました。

その時は、お金もなかったけど、

電車で、20分位の新宿によく言ってました。



その時は、アルタができたばかりで、

都庁もなく、ガード下の吉野家は、不思議と覚えてます。

歌舞伎町は、田舎から来たものには、不思議な世界で、

飲み屋に入って、ボラレタこともありました。



その時の、新宿を適格に表現したのが、

甲斐バンドの「新宿」という歌です。


ボーカルの甲斐よしひろは、

朴訥とした歌い方で、新宿の表と裏を表現しています。

甲斐さんは、当時の新宿が好きだったんだと思います。

私も、色んな目にあいましたが、当時の新宿の街は、大好きでした。


甲斐バンドの新宿です。下の新宿をクリックしてください。

新宿

ペテン師

僕が、中学生のころ、フォークの大ブームがありました。

吉田拓郎、井上陽水、と並んで、かぐや姫は、凄い人気がありました。

ヒット曲としては、「神田川」「赤ちょうちん」「妹」等、南こうせつが歌った歌が主流でした。

そんな中、家のいとこが、こんな曲もあるよと教えてくれたのが、「ペテン師」でした。

この歌は、伊勢正三、通称正やんが、歌っています。

中学生ながら、逆説的な(皮肉交じりともいえるが)歌詞が、凄く印象に残っています。

はたして、私は、ペテン師になれたんでしょうか?


下の方をクリックしてお聞きください。
ペテン師

70年代の音楽

私の趣味に、昔は、レコード今は、CD収集があります。

特に、中学校・高校時代の70年代の音楽が、大好きです。

中学校時代は、井上陽水、吉田拓郎、かぐや姫等のフォークソング、高校時代は、レッドツェッペリン、イエス、イーグルス等の洋楽(この言葉も今や死語に近い)をよく聞いていました。

このころは、お金がなく、同じ音楽が好きな友達と、同じアーティストの違うレコードを貸し合いっこしていました。

大学時代は、バイトをして、そのお金をほとんどレコード収集に使っていた時もありました。

今は、そのころ買えなかったレアなCDなんかを集めるのが、趣味になってます。

折々に、このブログで、そのころの音楽のことを発表したいと思います。

こうご期待。!!
プロフィール

たねやのおじさん

Author:たねやのおじさん
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
リンク
カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。