スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀婚式

妻との出会いは、私が、大学を卒業して、研修に行った会社でのことでした。


その会社には、1年3ヶ月いました。その中で、彼女に惹かれ始め、つきあうことになりました。





つきあい始めて、しばらくすると、私の家の事情もあり


私が宮崎に帰り、宮崎と千葉という今で言う遠距離恋愛となりました。


つきあい始めて、2年ほど、彼女に妊娠が発覚。


その前から、結婚するなら彼女と決めてた私は向こうの両親の所へ、


しかし彼女は、一人娘と言うことで、彼女の両親から反対され、


私の両親からも反対され、四面楚歌の状態でした。




私は、彼女と生まれてくる小さな命を守りたい。


その一心で、宮崎と千葉を往復し最終的には、


私のおじさんに仲立ちになっていただき今日、10月27日結婚式となりました。




そして今日が、結婚25年目、銀婚式となりました。


その時生まれた子供は、弥生と言います。


子供には、3月生だからと行ってますが、


弥生には、だんだんとよくなるそういう意味もあります。




私は、今までこのことは決して人前でしゃべることはありませんでした。


今このブログを書いてて、涙が止まりません。


妻に、子供に、家族に感謝です。


















Comment

男の中の男だぁ〜!

さすが九州男児、いや日本男児だぁ〜!

最初からずう〜と真一郎さんのブログを今日まで拝見して来ましたが、
一貫して言えることは、真一郎さんと云う男は素晴らしい人間だなぁ〜!と云うことです。

本当に人間味のある良い男ですよね・・・。

男が男に惚れると云う言葉がありますが、私は今、まさに真一郎さんに対してその気持ちを抱いております。

真一郎さん!あなたには何時も清々しを常に感じておりますよ・・・。
素晴らしい男です。

最後の締めくくりの言葉、泣かせますよね・・・。
「妻に、子供に、家族に感謝です」

私まで目頭が熱くなってきましたよ・・・。

奥さんといついつまでも幸せに・・・。

今回もまた、素敵な心温まる話有難うございました。

No title

黒木さん、いつもコメントありがとうございます。

このことは、心の中にためてたことで、ここで書いて

こころのつかえが取れた気持ちです。
非公開コメント

プロフィール

たねやのおじさん

Author:たねやのおじさん
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
リンク
カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。